ホーム >症例ブログ > 60代女性ブリッジが壊れてナチュラルデンチャーの目立たない入れ歯にした症例

診療時間

午前 9:30〜12:30
午後 14:30〜19:30

定休日

日曜日・祝祭日

お問い合わせフォーム

60代女性ブリッジが壊れてナチュラルデンチャーの目立たない入れ歯にした症例

患者 60代女性
相談内容 「前歯のブリッジが破損したのでどうしたらよいでしょうか」とご相談いただきました。
診断結果 残念ながら再度ブリッジを装着できる状態ではありませんでしたが、1本は単独で差し歯として、もう1本は歯根だけは残すことが可能でした。
もともと3年ほど奥歯部分にナチュラルデンチャーを使用されていたので、「保険で保存治療をしたのち、新たに奥歯部分と一体型のナチュラルデンチャーにしてみてはどうでしょうか」とご提案しました。
今までのナチュラルデンチャーがとても使いやすかったのでナチュラルデンチャーにも抵抗はないとのことで新たに作製することにしました。
治療内容 前歯の差し歯、コーピング治療(保険治療)、仮歯作製、ナチュラルデンチャー作製(自由診療)
治療期間 3ヵ月(保険治療期間含む)
概ねの費用 前歯部分は保険適用、120,000円(仮歯、ナチュラルデンチャー型取り等含む/保険適用外)
経過 義歯のサイズとしては大きくなりましたが、発音や使用中の違和感もなく、審美的にも咬合的にも問題なく快適に使用されています。
リスク 残っている歯の清掃をきちんとすることがとても大切です。
ナチュラルデンチャーの清掃、衛生面での取り扱いにも気を付けてください。
定期検診、クリーニングやメンテナンスをお忘れなく。

ナチュラルデンチャー
ナチュラルデンチャー

未装着時
未装着時

装着時
装着時

PAGE TOP